S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03« 2017/04 »05

profile

nico

Author:nico
Blytheの洋服を作ったり、写真を撮ったり…
好きなことやモノについて気ままにupしてます
本文は写真と全く関係ないズンドコ日記だったりします。
コメントはお気軽にどぞ!

counter

my favorites

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ながらく

CIMG4532.jpg

更新せぬまま・・  お久しぶりデス。

それなりに元気に過ごしております&お人形もゆる~く愛でております。
そして、kumsoltさんの可愛いOFをいただきウハウハしております♪ ありがとうございます。

CIMG4538.jpg

さて、
最近、ちょい昔の少女漫画などを引っ張り出して読み返していたら、

「少女漫画? いやー、実は俺、ねーちゃんの漫画をこっそり中学生くらいん時に読んでてさぁ。結構少女漫画も面白いよね!」
とか言いながら、
退屈しのぎに手を伸ばした夫が、いくえみさんの「潔く柔く」にどはまりしたらしく

私なんか一通り読んだら「ふぅ~っ」と一息余韻を愉しんで、
あとはもう数年も経たないことにゃ読み返すことはしないのですが、
夫はしつこく引きずっているらしく、夕飯の後とかに何度も読み返している始末。

今日なんて会社から帰ってくるなり

「あれさ、やっぱり梶間とカンナの方がしっくりくると思うんだよ。禄ちゃんって今一じゃない?」

は?? ・・・・。いやいや、その前に「ただいま」は?つか、いきなり何の話だ。

「いやね、会社でずーっと俺考えてたんだけどさぁ・・(以下延々と続く」
などと、登場人物のカップリングから筋書まで、こういう風に変えた方が等と、熱く自論を展開

お前は一体どうしたんだ!と、
つか、会社で仕事しろよ! 私にどうしろと! 知らねーよ、ファンレターでも書けよ!
おっさんキモイ!と、ただただ困惑するばかり。
齢47にして、おっさん乙女化(苦笑
・・・いやだ、こんな47歳。


スポンサーサイト

ベレー

CIMG4320.jpg
/

私の記憶の中の祖父は、どこかに出かけるときは必ずベレー帽を被っていました。
そんなオモイデの帽子

今日は父から頼まれてベレー帽をいくつか縫った。
私の祖父、つまり父の実家は帽子屋でした。
祖父のつくった帽子は型崩れせず長持ち

結局、誰も家業を継がぬまま祖父は亡くなったので
親族は店を畳む時にそれぞれ思い出となるものを持ち出しており
その時に持ってきたものの中に作りかけの帽子があったのだと思う。


フエルトを形作る作業はもちろん私はできないけれど
これは祖父がフエルトの成形をして残していったもの
これに裏地とテープをひたすら縫いつける

私達兄弟は全員揃って巨頭ゆえ、市販の帽子じゃなかなかサイズが合わず
小さい頃から帽子は祖父から頂いたものを被っていました。

ブライス好きなのも巨頭へのシンパシーがあるのかも(笑
祖父が亡くなった今となっては、私は帽子難民なのです(涙
嗚呼、悲しき60cm越えのデカ頭w

ベレー帽はやっぱとっぺんにチョボがついたやつが好き♪


えーーと、それからやっとshop用のOFが出来上がったので
日曜日くらいにopenします。お待たせしてスミマセン(土下座

商品撮影と包装作業をガンバリマス!

「雨ふり雲のワンピース」
梅雨にむけて作ってたはずなのになぁ、おっかしいなぁ・・・(遠い目)


こたつ解禁

とうとう広告がtopにでてしもうた。
ちょっとここのところバタバタしてて新たに写真を撮ってる暇もないので
寒々しい半そで写真でご勘弁・・。 しかも同じ服・・。

CIMG4011.jpg


実は数週間前から、夫&まんじゅう(我が家の愛猫)よりコタツはまだかと催促されていました。

夫なんかもう、早くもズボン下なんか履いちゃった日もあるくらい寒がりで、それこそ毎朝のように「うー、寒い。もうコタツだしてもよくない?」と訴えておったのですが、

「まだ10月だぞ!今からコタツ&ももひきで真冬はどう過ごすつもりだ!」と却下していたのですが、

まんじゅうなんか、座っている私のひざ掛けを可愛いお手手でチョンチョンと触れて
「その布をめくって入れて」と訴え潜り込むも、すぐに足元からでてきては
「あれ?これってコタツじゃないの?」と言わんばかりに悲しげにこちらを見つめるという無言の催促を地味に繰り返すもんですから
こちらとしても居たたまれなくなり、とうとうコタツを出す事にしました。
(九州住いのクセにとお思いでしょうが、放射冷却現象で昼間暖かい日ほど夜、特に朝方冷え込むんです)

こたつ敷きをしいて、コタツ台をセットし、上掛けのお布団をバサッと被せた時点で、向こうからまんじゅうがものすごい勢いで走ってきて、コタツにズザッと突入。

・・・・・まんじゅう・・お前、それほどまでにコタツを欲しておったのか・・。


猫とコタツを眺め、ああ、いよいよ冬だなぁと思う今日この頃
とりあえず、コタツの電源はまだOFFのままで踏ん張り中




| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。