S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
08« 2010/09 »10

profile

nico

Author:nico
Blytheの洋服を作ったり、写真を撮ったり…
好きなことやモノについて気ままにupしてます
本文は写真と全く関係ないズンドコ日記だったりします。
コメントはお気軽にどぞ!

counter

my favorites

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堺作品レポ

ども!こんつは。

さて、我が家では『いつも困ったような笑顔の俳優』でおなじみの堺雅人さん。
最近はいろんな映画やドラマで人気急上昇中の彼。

ここ最近彼が出演している映画を続けて見たので感想をば。

それではまづ「南極料理人」から
いやー、見てるだけでとにかく腹が減りますた(笑


以下、あらすじと感想。


何の因果かピンチヒッター的に南極昭和基地の更に1000キロ奥にある基地へ料理人として行く羽目になった海上保安庁の隊員が主人公のお話。この基地は平均気温が-50度、富士山より標高が高く、ペンギンとかの動物はおろかウイルスさえいない極寒の地。太陽が一日中顔を見せない時期だってあるのです。

もちろん基地には料理人の他にその道のエキスパート、医者とか気象学者とかがいるわけなんですが、皆それぞれ家族や恋人を日本に残しこの地にきているわけで、ところどころホロリとさせるエピソードをちりばめながら、思わずクスリとさせる彼らの基地での日常が美味しそうなお料理とともに繰り広げられます。


いい歳こいた男たちがアホなことやってたりもするし。
男のヒトって何人か集まって暮らすとナゼにあんな学生ノリに戻っちゃうんでしょうか。
女ではああはいかないと思う。もっとこう陰湿で殺伐とした感じになってしまうに違いないw

最後に主人公が日本に帰ってきて、なんてこたあないハンバーガーを一口食べて思わず「ウマっ!」っていうシーンがあるんですが、私も納得です。
自分で作るより、ヒトが作ってくれるお料理って美味しく感じるんですよね!

この映画を見た後は、お母さんの作ってくれた豚汁とおむすびが食べたい気分になります。(この映画をみたヒトならきっと分かってくれると思う)
ついつい当たり前に感じがちだけど、一緒に「いただきます」といってくれるヒトがいることに感謝せねばなりませんねって感じ。



『クヒオ大佐』も見ました。
実はこちらは堺さんが出てるからというより、私が『愛のむきだし』を見て以来注目している安藤サクラさんと満島ひかりさんが出ていたから見たというw


では、あらすじと感想を。

実在した結婚詐欺師のお話し。
自称米軍特殊部隊のパイロットで父はカメハメハ大王の末裔、母はエリザベス女王の妹の夫のいとこ。ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐と名乗る男があの手この手を使って三人の女性からお金を引き出そうとするのですが・・。

なんか上の肩書きを聞くとそんなバカな!こんなんで騙されるはずがないと思うんですが、実在の人物はこれで大金を騙し取っていたようですからスゴイです。

堺さん演じるクヒオ大佐はなんだか利口のようで間抜けなところもあり、憎めない感じがして、騙されてるとわかっていてもお金を貢いでしまう松幸泰子さん演じる女性の気持ちも少しわかる気がしました。(ま、わたしはがめついので絶対ひっかかりませんがw)

堺さんはちょっとクスリとさせる演技というか間を取るのがお上手です。
それから、案外つけっ鼻がお似合いw
最後のオチもよかったです。

新井さん演じる松幸さんの弟役との掛け合いがグーですた♪





つづいて『ゴールデンスランバー』

『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』でお馴染みの原作者&監督の組み合わせ。
こんなの見らずにおられようかっ!


というわけで、以下あらすじと感想。

舞台は仙台。主人公は宅配ドライバーのしがない中年男。
その日仙台では新首相の凱旋パレードが行われていたが、突如爆発が起こり新首相が死亡。
同じ頃、主人公は久しぶりに再会した大学時代の旧友に「大きな謀略に巻き込まれている。お前はオズワルドにされる。とにかく逃げろ」と促される。しかし、そう話す二人の後ろにはすでに警官が迫ってきており・・・。
かくして首相暗殺犯に仕立て上げられた無実の主人公はひたすら逃げまどうことになるのですが・・。


とにかく面白かった!!

途中で丁度いいタイミングで現れる主人公の協力者とか、ストーリー展開に多少の強引さがみられようと、最後までグイグイひっぱって見せてくれます。
この映画を見た人の中には、結局悪い者が裁きを受けずスッキリしないという方もいるでしょうが、この映画の主題はそんなところにはないと思うのです。人が生きるうえで何が大切かということや生きることこそが大切といっているのではないでしょうか。

ところでこの原作者&監督の映画はどういう風に説明してよいかいつも悩みます。
結構最後まで見て、「ああ、なるほどそうだったのか!」という展開ばかりなので、オチは見てのお楽しみという風にしか説明できないのです。

恐らく、クドカン作品やクエンティン・タランティーノの「パルプ・フィクション」とかが好きな方は楽しめると思います。
特にキルオ役の濱田岳君と謎の暗殺者役の永島敏行さんの演技がハナマルものですた(笑



図らずも3作品共にクスクス笑える作品ですた。嗚呼、映画って素晴らしい♪



拍手ありがとごぜますた!!
続きは拍手のお返事です。

... Read more ▼
スポンサーサイト

百足再び

CIMG1903.jpg


以前、わたしがムカデに噛まれたことを書いたのですが、【こちらの記事】
今度は夫がやられました。

本日帰ってくるなり夫がムカデにやられたと。

夫が会社で皮つなぎに着替えたところ腕に『チカッ!』と痛みを感じ、慌てて脱いだらムカデさんがコンニチハ!

ええーっ!大丈夫?と心配するわたしに平然と

「まぁ、痛かったけど別にだいじょぶ」と。

噛まれた痕を見せてもらったけど、ほんのり赤くなってるだけで腫れてもいないの。
噛まれてすぐに毒を搾り出すとかの処置もせずに、この回復力!

おそろしいひと!(白目

あの義母の血を色濃く継いでるのでムカデ如きの毒などへのかっぱって感じなのでしょうか。
なんかね、もう遺伝子レベルでこのヒトとわたしは違う種族ってつくづく思いました。

その丈夫すぎる肉体が心底羨ましいぜっ!と思う妻ですた。




拍手アリガトゴゼマスタ!
ハワイの子発売されましたね。可愛い。ちょっと久しぶりに欲しいかも・・・・でも高い。
それからミディ・・・・怖い。目が怖い。価格が全然ミディじゃなくジャンボマックスな設定も怖い。
〇W〇おそろしい会社!(白目



コロボックルならず

CIMG3289.jpg


昨日は夫が会社の同僚の結婚式にでるため式場まで私が車で送っていきますた。

式場のある場所がうちから車で一時間くらいかかるところだったので、
送ってからまた迎えにいくのを考えるとそのまま式場付近で時間をつぶした方が得策かなと思って
はて、その間どうやって過ごそうかと前日から考えあぐねていました。


ちょうどいいことにその式場がわたしの生まれ育った地域にあったものですから
近くに滅多に人がこない森林公園があったことを思い出し
そうだ!あそこならキモ活にうってつけ!グヘヘと
前日から、あーでもないこーでもないと着せ替えを開始。

これでやっとリーノの妖精写真が撮れるゾ!とワクワクしておりました。

夫のスーツやご祝儀の準備もばっちり
リーノとベチも着替えさせてバスケットにさぁお入り!

でもね、

当日、見事にカメラを忘れてしまいますた。ずーん


まったく歳はとりたくないものですな。

CIMG3296.jpg


というわけで、この写真はまたしても室内で・・・。
いつになったらリーノのコロボックル写真が撮れるのでしょーか(遠い目




拍手アリガトゴゼマスタ!



ノルマを課す

CIMG3274.jpg


blytheを皮切りに坂道を転がるようにおにんぎょ地獄へ落ちたわたしですが、

当初、人形服は自作しようと思い
ステキな作家さんのお洋服は眺めるだけと我慢し、
OFの材料の布やレース等を買いあさり今に至るわけですが、


間違ってました。


おのれの怠惰な性分をすっかり忘れていたわけで(笑

資材だけは貯まる一方、OFは増えないこの現実。


だぁーっ!! こんなことなら資材買わずにステキ作家さんの可愛いお洋服を買ってた方がよかったんじゃ?
大体、今まで資材につぎ込んでたお金で普通にOF買えてたんじゃね?

的なことに今更気づきました。(おぃっ


つーことで、最近はチク縫いからずーっと遠のいて、shopでOFを買ったりもしてます。

OFを買うと「なるほど、こういう縫い方をしてるのか」と勉強になりますし・・・はて?当初の志はいったい何処へ。
ま、自作するのも購入するのも楽しいおにんぎょ遊びの一環てことで結果オーライ(笑


ともあれ、資材だけはあるので消化するためにも
せめて1枚/月はOFを作ろうぜっ!と自分にノルマを課すことにしますた。

はてさてどうなることやら(つーか、頑張れ自分!


ブログ2周年をむかえるのを機に自分を追い込んでみる、そんな本日。




拍手アリガトゴザイマッスル!!


微妙なまつがい

CIMG3247.jpg


先日テレビで動物番組を見てたんだけど、

ちょうどハリネズミが画面に映し出されていて
「見て見て!可愛いねー♪」
と夫にいったところ

「ああ、でも針がいっぱいあるけん触れないんじゃない?うーんとほら、ハリネズミの憂鬱」といわれた。


・・・・・・・。


それって、もしかして
『ヤマアラシのジレンマ』っていいたいの?



いやね、確かに意味合い的に
薄ーーーくかすってる感も否めないけど、
惜しい感じもするけど、
勘のいい人ならあなたのいいたいことを汲み取ってくれるかもしれないけど、


頼むから、会社とかで物知り顔でいわないように妻として願わずにいられませんでした。
うちの夫、なんかつくづくこういうまつがい多いんだよね(遠い目








※『ヤマアラシのジレンマ』とは、対人関係の二律背反性を表す心理学用語
ヤマアラシはハリネズミと同様に外敵から身を守るために体表が固く鋭い針に覆われています。
ヤマアラシが互いに暖めあおうと近づくと、相手の針が自分につき刺さり痛いので離れてしまう。だからといって体を離すと今度は寒さが身に染みる というようなことを対人関係に例えての意味かと・・。


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。